detail15.jpg

日本の眼 ・七 「あはい」

「あはい(あわい)」とは、間(ま)のことであり、時間と空間における関係性と調和のことである。

detail12.jpg

間の取り方にも、長い歴史を通して日本人らしい感性が育まれてきた。
その最初はおそらく仮名文字の書だろう。
それは、「息づかい」をそのまま文字にしたかのように自由に空間をつたう。

detail18.jpg

土壁を塗り残した下地窓は無造作に開けられているが、光と影が織りなす内部の「場」を演出するためにうがれた光の穴であり、そのことがかえって類のない配置と調和の美をうみだしている。

detail14-1.jpg

今度のコレクションでも「まとふ」は色々な技法を用いて、「あはい」を表現している。
スポンジに染料を含ませて、スタンプのように押してそのにじみ具合を楽しむというように・・・・

detail17.jpg

手紡ぎ、手織りの良さを実感できるジャケット。コートやスカートも登場。
ふんわりと優しい気心地は久しく忘れていた感触を思い起こさせる。

detail27.jpg

ショーでも一際目を引いた絞りのシリーズ。
一度染めたものを脱色して柄を表現している。

すぐに消えゆく日々の細部から、どんな「あはい」の美を見つけ出すのか。
「日本の眼」は、新鮮な目線を今も与えてくれている。-コレクションコンセプトよりー

デザイナープロフィール

堀畑 裕之は同志社大学大学院を修了後、関口 真希子は杏林大学を卒業後、ともに文化服装学院アパレルデザイン科で学ぶ。1998年に卒業後、それぞれ別々のデザイナーズブランドでパタンナーとして5 年間勤務。2003年渡英、ロンドンのBora Aksuのアトリエで働く。帰国後05年3月(株)lews纏設立、「matohu」をスタート。06年3月より東京コレクション・ウィーク(JFW)に参加。2009年 毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。

official site. http://www.matohu.com/

  • インフォメーション
  • まとふ matohu
  • まとふ フルライン
  • アザーブランド
  • イベント/ニュース
  • メール
  • アクセス
  • ブログ
  • リンク
  • Twitter