アーカイブへ

2014年 03月 23日 日曜日

4℃のこと・・・・・プロローグ

今から約40年遡ります。
当時、阿蘇内牧でお店をしていた私は、熊本市内に進出しました。
進出とはちょっと大げさですね。ひょんなことからと言ったほうがぴったりでしょう。
商品を探して「nonーno」を見ていたら、「4℃」という名前のアクセサリーが眼に留まりました。取り扱いのメーカーが載っている雑誌の終わりのほうを見ると、「第二空間」という会社だとわかり、ビビッツと来ました。
「第二空間」も「4℃」も何となくSF的で、未来や4次元を感じさせたのです。
この商品を扱いたいな~と思った私は、熊本市内に取り扱い店があるかどうかをリサーチしました。1件だけ見つかりましたが、そこは今後扱う予定は無いとのこと、夜行列車に乗り、いざ東京へ!原宿のセントラルアパートにあった「第二空間」に向かいました。
ここまで書いて、私ってとても行動的!と感動してしまいました。20代の私です。

「第二空間」は若い会社でした。アレから40年!!
初代の社長や営業の方とは今でも仲良くしています。
現在は、「エフ・ディ・シー・プロダクツ」(Four Degrees Centigrade・・・4℃)と名前は変わりましたが、私は「4℃」とともに育ってきたような気がしています。

「自分史」とも重なる「4℃」のことを少しずつ書いてみようと思います。

今日はプロローグという事で、「4℃」との出会いを書きました。

写真は、当時の雑誌の記事と、初期のころの商品、それと「4℃」を置いていたお店、水道町にあった「Jeremy」です。

DSCN1332-2-s.JPG
DJ-14-2-s.jpg

2013年 10月 11日 金曜日

宮本英治さん

永年、洋服やアクセサリー、雑貨などの小売業をしている。
扱う基準は売れる物より好きな物だったような気がする。
始めたのは18の頃、大学受験に失敗して、家業を手伝ったころから今日までずっと続けている。よっぽど物を紹介するのが好きなのだろうと思う。

この50年あまりの間、沢山の物を扱って来た。「4℃」はブランドスタート時からずっと続けている。
「きゃっとばる~う」では、それこそ数えきれないほどの商品、ブランドをご紹介してきたが、今力を入れているのが「まとふ」。非常にクオリティの高い商品でそれだけに難しいが、チャレンジしている最中だ。なかなか思うようにお客様にお伝えできなくてもがいている状況・・・

生産者にも興味がある。「まとふ」の素材を織っている会社「みやしん」。
事情で、文化服装学院の関連工場になったが、代表の宮本英治さんの紹介で「まとふ」を知ったこともあり、宮本さんの作る織物(テキスタイル)にとても興味がある。
宮本さんは機械でしか出来ない織物を追求されていて、自らを「テキスタイルマジシャン」と呼ばれている。工場も2,3度見せていただいた。
先月、また工場にうかがった。前回行った時からかなり変わっていて、文化の生徒達が勉強する教室があり、また圧巻はこれまで宮本さんが作り、名だたるブランドに提供された織物の資料をまとめた部屋。近々データ化されるそうだ。日本のファッションの歴史を語る上での貴重な資料であることは間違いない。
また、新しいデザイナーを育てることにも力を注いでおられる。
写真は工場での宮本さん、今度の春夏の「まとふ」のためのテキスタイルと、膨大な資料の一部。

宮本さんは今年度の毎日ファッション大賞の特別賞を受賞された。
おめでとうございます。これからも益々お元気でご活躍されますように・・・・・

DSCN1167-s.JPG
DSCN1161-s.JPG
DSCN1163-s.JPG

2013年 09月 19日 木曜日

「COCHOLEA @ 」(ココレア)

藤原睦美さんの手作りブランドです。今年の春から Cat Ballou でご紹介しています。

以下は、藤原さんの話です。
もともとアンティークが好きで、ヨーロッパ(リトアニア、イタリア、フランス・・・)のリネンを中心に洋服を作っています。
「ココレア」という名前は、ラテン語の「かたつむり」から取りました。「@」はヨーロッパでは「かたつむり」という意味で使われることがあります。
何故「かたつむり」にしたかというと、最初に自分の洋服を置かせてもらったのが、「小さなおうち」というお店でした。その原点をわすれないようにと、小さなおうちを持っている「かたつむり」という名前にしたのです。永く着ていただければ嬉しいです。

藤原さんの洋服は、藤原さんの人柄と雰囲気そのままに、優しく、可愛らしさもあり、そしてどこか懐かしく飽きの来ない感じだと思います。
手作りなので、1点ものというところも嬉しいですね。
1人で作っていらっしゃるので、少しずつしか入りませんが、つい最近新商品が届きました。是非お店に見にいらして下さい。

P9180003 2.JPG
P9180004 2.JPG

  • インフォメーション
  • まとふ matohu
  • まとふ フルライン
  • アザーブランド
  • イベント/ニュース
  • メール
  • アクセス
  • ブログ
  • リンク
  • Twitter